HIV感染症/エイズが気になっている方へ > 感染の予防法は・・・? > 性行為による感染を予防するには

感染の予防法は・・・?

性行為による感染を予防するには

HIVの主な感染経路は、

1.性行為による感染
2.血液による感染
3.母子感染

日本における感染経路は、ほとんどが性行為によるものといわれています。

 

H_hiv_02_txt02_image01.jpg

それぞれの感染経路別にその予防法を紹介します。

性行為により感染を予防するには

 あらゆる性行為(セックス・アナルセックス・オーラルセックス)により感染の可能性がありますが、コンドームを行為の最初から最後まで正しく使うことにより、セーファーセックス(安全なセックス)が可能になります。これは、HIVに限ったことではなく、他のSTD(性感染症)にも共通の予防法となります。

血液による感染を予防するには

麻薬や覚せい剤の 「まわし打ち」 で感染する可能性は非常に高くなっています。
注射器具の共用は決して行なってはいけません。

ちなみに、まわし打ちでなくても、ドラッグを使用した上での性行為は セーファーセックスの意識が無くなりコンドームを使用しないことが多いため、非常に危険です。

では 医療機関の注射器具は大丈夫なのでしょうか?
HIVだけでなく、他の様々な感染症を防ぐためにも、医療機関の注射器具は全て使い捨てのものが使われており、安心です。

母子感染を予防するには

まず妊娠したら、産婦人科で受ける 「妊婦検診」 で、HIV検査を受けることができます。
もし、母親が感染していることがわかっても、医師の指示のもとに・予防治療薬の服薬・帝王切開による出産を行い、母乳を避けて人工授乳を行なうことにより、赤ちゃんに感染しないように対策をとることができます。これらの対策により、母子感染の確率は1%以下になってきています。

HIVに感染している人も予防は重要です

HIVに感染している人も、自分の健康を守り、治療の効果をあげるために予防が必要です。
また、免疫力が低下しているため、他の感染症にもうつりやすく、出てくる症状も重くなることがあります。つまり、感染している人も、感染していない人も、全ての人にセーファーセックスは大切なことなのです。