HIV感染症/エイズが気になっている方へ > HIV感染の検査は・・・? > 「 STDチェッカー タイプJ 」の検査手順STEP1

HIV感染の検査は・・・?

「 STDチェッカー タイプJ 」の検査手順STEP1

HIV感染の検査がご自宅でできます。 検査は匿名で実施し、プライバシー重視だから安心。 STDチェッカーはとても便利な郵送検診サービスです。

typeJ.jpg

HIV感染の早期発見・早期治療で、エイズの発症をおさえることができます。
気になる方は必ず検査を受けましょう。 また 他のSTDに感染していると
HIVの感染率は数倍増加する、と言われています。 不安なときはそのままにしておかないで、念のためというお気持ちでも検査を受けることをおすすめします。

STEP1.検査物の採取 (血液検査)

上の写真のピンク色の器具は「ランセット」という血液を採取する器具です。
ランセットを使用して、指先から出た血液を「ろ紙」に採取します。

先端のピンクのキャップを外します。指先を針でつくのは少しこわい感じがしますが、思ったほど痛くありません(個人差はありますが・・・)。

ランセットを指の腹に押し付けると針が少しだけ出て一瞬で引っ込みます。このランセットは一度きりしか針が出ない使い捨てタイプになっているので、試し打ちはできません。ご注意を!

そして、指先から出た血液を、ろ紙の先端に2cmほど採取します。
商品に入っているろ紙1枚に採取します。
ランセットも2個入っていますが、1個は予備です。1個のランセットで必要量が採取できれば、それでOKです。

検査は、このろ紙に採取した血液で行います。 ろ紙とランセット一式を返送します。
血液中の検査対象になる成分は ろ紙に染み込むと安定するので、郵送で送っても正しく検査を行うことができるのです。

また 万が一、採血量が少なく検査ができない量であった場合には、結果表示画面に「検査不能」と表示されます。 この場合は、再検査の案内がきます。もちろん無料で。安心ですね。

02gif-1icon10.gif 検査手順STEP2.



PR
クラミジア・エイズ・淋菌・梅毒・・・悩む前に検査が大切!
◆性病検査 STDチェッカー◆はプライバシーも万全です。